令和元年度市町村単位老人クラブリーダー研修会・県老連会長表彰式開催

令和元年度の市町村単位老人クラブリーダー研修会は、紀北ブロックを11月21日に和歌山県民文化会館で、紀中・紀南ブロックを11月19日に田辺市の紀南文化会館において開催し、合わせて440名の会員の皆様にご参加いただきました。

前半の式典の部において、来賓として、紀北ブロックでは宮本浩之福祉保健部長から、紀中・紀南ブロックでは谷口善郎長寿社会課長からご祝辞をいただきました。

続いて、県老連会長表彰・感謝を受賞された方々に、赤坂県老連会長から賞状及び記念品の授与を行い、また、全老連会長表彰(活動賞、100万人会員増強運動特別賞)を受賞された次の2クラブに伝達授与を行いました。

  • 「活動賞」 上岩出地区老人クラブ(岩出市)
  • 「100万人会員増強運動特別賞」 第一蓬莱親睦クラブ(新宮市)

後半の研修会では、県人権啓発センター登録講師の得津美惠子氏に「老人の人権と輝き」というテーマで講演をしていただきました。

講演の前段では人権に関する種々の問題について、後段では、美しいお辞儀の仕方を教えていただくとともに、クラブ内でのコミュニケーションを大切にし、会員がいつも活動に参加したいと思える雰囲気づくりが老人クラブを活性化し、より多くの方々の入会に繋がるとのお話をしていただきました。

最後に、県老連の田中事務局長が11月9日から11日まで開催された地域文化伝承館の模様を3日間の映像を交えて報告を行いました。

20191121_2.jpg
宮本県福祉保健部長

20191121_1.jpg
赤坂県老連会長

20191121_4.jpg
表彰式典(和歌山会場)

20191121_3.jpg
表彰式典(田辺会場)

20191121_6.jpg
地域文化伝承館の報告ビデオ

20191121_5.jpg
得津氏の講演

このページのトップに戻る